今回のお客様は、15年くらい前からときどき首が固まってしまい、首の動きが悪く、酷い時は頭まで痛くなるとお悩みの70代男性のお客様です。

首の骨に異常があるのか、若い頃にサッカーで鎖骨を蹴られ粉砕骨折したことがあるから首が固まってしまうのでは?と気にされていました。

お身体のチェックをしたところ、猫背で背骨と肩甲骨の間が指4本分ほど開いていて、肩甲骨周りの筋肉はガチガチに固まっていました。

猫背を改善させるために、土台となる骨盤の調整して、肩甲骨はがしで肩甲骨周りの筋肉、特に菱形筋や肩甲挙筋をしっかりとほぐして肩甲骨の動きを良くしたら首の固さもだいぶ取れました。最後に首は後頭下筋と斜角筋をしっかりとほぐしたところで、凄く楽になった。全然違うと喜んでいただきました。

骨の異常からくる首肩こりではなく、長年の不良姿勢による首肩こりだったと思われます。

繰り返し調整をする事で、姿勢が良くなり凝りにくい身体に改善していきます。