今回のお客様は、3年前にぎっくり腰になってから、よく腰がピキッつと痛くなるようになったとお悩みの男性のお客様です。

3年前のぎっくり腰の時は、保険内治療を受けて骨盤矯正などの調整はしていないとの事でした。

お身体のチェックをしたところ、股関節の動き悪く腰回りが固まっていました。

腰や殿筋をほぐし、股関節の動き出すためにハムストリングスや腸腰筋や内転筋をしっかりとほぐしていったことで、ひとまず症状はとれたとおっしゃっていただきました。

普段はデスクワークで座りっぱなしで、特に運動などもしていないという事で筋肉が凝り固まってしまい、特に下半身の力が抜けない、常に筋肉がこわばった状態になっていたため症状がでてきたと思われます。

繰り返し筋肉をほぐすことによって、筋肉がこわばらなくなります。

頑張ってお身体の状態を改善していきましょう。