今回のお客様は歩いていると右足の裏が痛いとお悩みの女性のお客様です。

お身体のチェックをしたところ、足首や足指と膝の動きが悪く固まっていました。

足の裏には踵の骨から足の5本指の骨までをはりめぐらされた足底筋膜をはじめ、様々な筋膜や筋肉が連動しています。

足裏が固まると足裏のアーチが潰れてしまい歩いている時の衝撃を受けやすくなります。

ハムストリングスや下腿三頭筋をしっかりとほぐして膝関節や足関節の動きをよくしたことで、痛みが和らいだとおっしゃっていただきました。

固まって動きが悪くなった足首も続けてしっかりとほぐしていくことで動きがよくなっていきます。

今のうちからお身体の改善をしていきましょう。