今回のお客様は左膝下の前と内側に痛みがあってお悩みの20代男性のお客様です。

ラグビーをされていて3年前に右膝の前十字靭帯断裂で手術をしてから右膝をかばってしまっているせいで左膝に負担がかかって痛みが出ているのではとのことでした。

お身体のチェックをしたところ、股関節の動きが悪く、膝の動きに関係する筋肉が固まっていました。

股関節の動きをよくするために殿筋や腸腰筋やハムストリングスをほぐして、膝の動きをよくするために大腿四頭筋その中でも大腿直筋をしっかりとほぐしたところ、股関節が動かしやすくなり膝の痛みが和らいだとの事でした。

右膝をかばってしまう癖がついていて筋肉が固まりやすくなっているようなので、繰り返ししっかりとほぐしていくことで筋肉が固まりにくくなります。

筋肉を固めたままですと怪我をしやすくなるので、しっかりとメンテナンスを続けていきましょう。