今回のお客様は左肩甲骨内側に痛みがあり左腕から左の親指から中指にかけて痛みや痺れが出ているとお悩みの40代男性のお客様です。

お身体をチェックしたところ、猫背で肋骨に肩甲骨がへばりついてしまったくらい肩甲骨が動かなくて、首から肩甲骨回りや腕、手首までガチガチに固まっていました。

胸郭出口症候群や手根管症候群の可能性が考えられます。

胸郭出口症候群に当てはまる症状として、肩や腕、肩甲骨周囲の痛みや腕の痺れなどがあります。親指、人差し指、中指の母子側半分の手掌側だけが痺れている場合は正中神経の障害と考えられ、手根管症候群が最も疑われます。

上肢やその付け根の肩甲帯の運動や感覚を支配する腕神経叢を圧迫しそうな筋肉をしっかりとほぐして、手首や肘などの調整をしたところ、ひとまずの症状が和らいだとの事でした。

お仕事が現場での重労働という事で、だいぶお身体に疲労が蓄積されていたようですね。

最低でも月に一度はお身体のメンテナンスをしましょう。