朝目が覚めると急に首が痛い。

振り向いた瞬間グギッとなってそのまま首が動かせない。

急激に首や肩周りに出た痛みのことを「寝違え」といいます。

不自然な姿勢で首の関節や筋肉に負担のかかる状態が続くと起こりやすく、通常は無意識のうちに寝返りなどで体制を変えますが疲労や睡眠不足でそのまま寝てしまうと寝違えは起こります。

痛みは軽度なものから激痛で首を動かせない、寝た状態から起き上がることもできないものまで様々なケースがあります。

寝違えとは首周りの筋肉や関節、靭帯などで炎症が起こり痛みを誘発しています。

首は人間の急所ですので様々な神経も通っていますので自己流でむやみやたらに動かし続けるとより悪化する場合もありますのできちんとした対処をオススメします。

まず冷やす。

炎症で痛みが出てる場合は患部をアイスノンなどで冷やしましょう。

ある程度炎症が治まれば痛みも引いてきます。

だいたい3~4日で炎症は治まりますので温めていいのはそれからになります。

痛いときは無理はせず首以外の肩や肩甲骨の体操やストレッチも様子をみながら徐々にするようにしてください。

軽い痛みでも安易に考えていると痛みが長期化してしまう可能性もありますので早めの施術で早期回復を。

O’ahu整体院の寝違え治療はまずどこのどの部位を痛めているかを判断し、患部に負担をかけずにその周りの筋肉、関節靭帯などを痛みのでない程度に間接的に動かし首周辺に可動域を広げて治りやすい環境を整えます。

寝違えの症状でお困りの方はO’ahu整体院にご相談くださいませ。