坐骨神経は末梢神経の中で一番太く長い神経で腰椎4番5番から骨盤を通りお尻へとつながり足先まで伸びている神経です。

様々な原因で坐骨神経痛は出てきます。

仙腸関節のズレ、腰椎のズレ、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、梨状筋による圧迫や筋肉の衰えや偏った生活習慣などなど色々な原因があります。

坐骨神経痛は腰に負担をかけるとより強い痛みや痺れが出てきます。

日頃から腰への負担をかけない姿勢や生活習慣にするだけでも坐骨神経痛の症状は改善、予防できるのです。

坐骨神経痛は鈍痛の症状も多いために「少し我慢すればそのうち治る」と勘違いされる方も多くおられますが、悪化すれば歩行困難になることもあるので早めのうちに処置をしておくことをオススメします。

腰や臀部脚だけでなく全体的なバランスを整える。

骨、筋肉、靭帯を調整して歪みや圧迫のない状態へ。

坐骨神経痛でお困りの方はO’ahu整体院までご相談ください。